fc2ブログ

やっぱ自分のBGMがしっくりくる?

思いつきでやっちまったw

BGM聞いてて書いた奴。

さて、俺的には、魔法のアンサンブル、猫と硝子と円い月が好き。
皆さんはどれが好き?

じゃ、続きからssをドゾw
「やっぱり、RING RING RINGだろう」
「そうかなぁ?私は魔法のアンサンブルがいいと思うけど」
「いやいや、ここは騒がし乙女の憂愁デショ!」
「私はえきぞちっく・といぼっくすを押しますっ」
「何を言っている。心色綺想曲だろう」
「光に寄せてです。これ以外は邪道かと・・・」

・・・・・
ふと思う。
どうしてこんなことになったのだろうと・・・
ことの発端は葉留佳さんの一言だった。

「皆ってこの中にある曲で何が好きですカネ?」
やははといつものように教室に入って来てそうそうそんなことを言い出す。
っで、取り出したのはMDプレイヤー。
カチっとプレイのボタンを押すとなにやら聞いたことのあるような感じの曲が流れる。

「あ、これ知ってる。『魔法のアンサンブル』だよね」
思い出した。・・・・これはそう、天然で大のお菓子好きの小毬さんのBGMだ。
あの、陽気でほんわかとした曲調が特徴の曲だ。

魔法のアンサンブルが終わって次に流れたのは、
「お、これはあたしの曲だな」
人になつきにくい鈴のBGM、『RING RING RING』だ。
落ち着いたような始まりでも、どこか何かを感じさせるかのようなそんな感じの曲だ。

「やはは、これは私の曲デスネ」
ゲーム中ではルートが決まる前には良く流れていた『騒がし乙女の憂愁』、葉留佳さんのBGMだ。
聞いてるだけで葉留佳さんが何かしそうな感じで、今聞いてるときでも何かしそうで心配だ。

「これは、私の曲ですー」
クドが右手をぐっと上に突き出す。
そう、『えきぞちっく・といぼっくす』。
クドのBGMだ。
聞いてるとギャグっぽく思えてくるのは僕だけだろうか?(クドに失礼である)

「ふむ、私の曲だな」
『心色綺想曲』、来ヶ谷さんのBGMだ。
まさに心を躍らせるようないい曲だ。

「私ですね」
西園さんがポツリと言った。
そう、『光に寄せて』西園さんのBGMだ。
落ち着いた感じで西園さんにぴったりだ。


「あれ?これって・・・」
聞いたことのあるフレーズが聞こえる。
これってたしか・・・
「私のBGMよ。直枝」
声のするほうを向くとそこには二木さんの姿があった。
そっか、こんな感じだったな。などと思い出す。
『Will&Wish』、二木さんのBGMである。

「これもどこかで・・・」
また聞いたことのある曲が流れる。
どこだったっけ?これ・・・
「あら、わたくしの曲ですわね」
どこからか笹瀬川さんが現れる。
『猫と硝子と円い月』笹瀬川さんのBGMだ。
どこか哀愁を感じさせる微妙に寂しい曲(だと僕は思っている)

「これはたしか・・・」
「私の曲よ。理樹君」
「そうだったね。沙耶さんの曲だったね」
『駆ける』まさに沙耶さんにぴったりであり、今を駆け抜けろみたいで走りたくなる。
まあ、走らないけどね。

「これは、たしか・・・」
「そう、俺のBGMだ」
恭介が窓からとうっと教室に入ってくる。
いつもの風景なので皆は気にしていない。
恭介のBGM、『BOYS DON'T CRY』だ。
少年は泣かないでいいのかな?
良く分からないけど始まりという感じでいいよね。

で、そのうちに討論みたいな感じになって、

「今に至るんだよね」
「ん?誰に話しかけてんだ?理樹」
「あ、うん。なんでもないよ」
恭介に話しかけられてまた少しプレイヤーの曲を流す。

あ、まだ続きあったんだ。
まだ少しかけてみることにした。

「『死闘は凛然となりて』・・・か」
あのときの缶けりは壮絶な戦いだったからね。
今ではいい思い出だけど。
またやりたいな、缶けり。

「『勇壮なる闘い』だ」
ランキングバトルで流れてたっけ。
あのときはたしかマスクザ斉藤に勝った時の瞬間が一番輝いてたなぁ・・・

「これは・・・」
「『遥か彼方だな』」
そう、refrainの感動の場面で流れたあの曲だ。
「あんときは感動もんだったろ?理樹」
「うん。あのとき僕と鈴が弱くなりかけていたのを恭介たちが助けてくれたんだよね。嬉しかったよ」
「そうか。ならいいけどな」

「あ、これは」
『Alicemagic』。
EDの一つだ。
「これは」
『雨のち晴れ』
これもEDの一つだ。
『Song for friends』
EDの一つ。
『saya's song』

「今思うとこれってすごい曲が集まってるよね」
「そうだな。三枝に言って俺も焼くかな」
「あ、そのときは僕にも頂戴」
「ああ、分かった」
僕たちは約束をしている間に討論は終わったらしい。

「で、結果はどうだったの?」
鈴に聞くと、結局自分のBGMが好きならそれでいいじゃないかということになったらしい。
まあ、そのほうが僕たちらしいけどね。

「お、最後にこれが残ってるぜ」
恭介が流した曲は・・・・

Little Busters! -Little Jumper ver-
だった。



「なあ、謙吾」
「なんだ、真人」
「なんで俺たちって専用のBGMがないんだろうな」
「さあな」
寂しく取り残されていた二人であった。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

忠告どもです。
やっぱ歌詞書くと書かないとではちょっと違うけどまあいいや。
一応これなら著作権引っかからないはず・・・

もつべきものはこういう人ですな。
感謝ですw

No title

僕は、「猫と硝子と円い月」が一番好きです。
寂しいながらも、辛いことがありながらも、ひとしきり泣いた後、最後は前を向いて歩いていく、というようなイメージがあって好きなんです。

…にしても、謙吾や真人、理樹のBGMも欲しかったなあ…と思います。
彼ら旧リトルバスターズはこの話の中心人物達なのに、何故こうも冷遇されているんだろうか、なんて考えたことがあります。CGもあの三人はほとんどないし…。

そもそもギャルゲーだから仕方ないことなんですが、女の子ばかり出てくる・優遇されている所と、理樹だけやたらめったらモテる所が、「リトルバスターズ!」のどうしても好きになれない所だったりします。

…ああ、やっぱり僕はギャルゲー向いてないかもしれませんね(笑)

No title

BGMか・・・「同級生」とか「ときめきメモリアル」とか、初期のギャルゲーだとちゃんと専用のテーマ曲が野郎キャラにもあったりしたんだが、最近はそう言うのは無いな残念ながら。

主人公だけ理不尽にモテるってのはまあ、リトルバスターズ!に限ったこっちゃあないな。KanonだってCLANNADだって同じ事だ。大してとりえのなさそうな祐一や朋也が女にちやほやされるのだから。
いまどき同級生やときメモみたく野郎キャラが主人公の恋のライバルになるギャルゲーなんてありゃしない・・・つまんねえ話だが。

他のファンサイトでやってるようにゲーム本編でも真人とクドがくっついたり、ここでやってるように小毬と恭介がくっついたり、杏と春原がくっついたり、香里と北川がくっついたりしてもいいと思うんだがね。

そろそろ、ギャルゲーにおける主人公ハーレム状態を何とかして欲しいと切に願う今日この頃だ。

No title

>むとさん
さささのBGMは俺も好きw
あの始まりが好きになった理由でもあります。

恭介にあるなら、真人と謙吾にも作るべきなんだっ!
真人なら、『筋肉は時に友となる』とでもつけておけばいいし、謙吾なら『静かなる闘志』とでもつけて考えて欲しいものです。
まあ、題名は適当ですけどね^^;

ギャルゲーにヒロインじゃなく、サブが優遇されていたらそれはもうギャルゲーじゃないw
まあ、やっぱそこは仕方ないのではないかと・・・

向いてる、向いてないは自分で決めること。
やっぱそこは人には決めれないものですからw
それはおいおい考えればいいと思いますよ。


>ハリー・キャラハンさん
主人公だけ、理不尽にもてるのはどの作品でも同じですよw
野郎キャラ(恭介、真人、謙吾)がらライバルになったら、理樹の性格上、諦めるのがオチかと・・・
リフレイン後ならわかんないけどねw

ゲーム本編でも、IFストーリーがあれば一番なんですけどねー。
そういうのはやっぱムリですね。
主人公優先だしw

やっぱ、そういうのは同人で考えるべきなのかもね。(恋愛アドベンチャーでも作れてそれが好評ならそういうのも増えるかもね)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する