fc2ブログ

一冊の本から妄想に走る佳奈多

仕事中にふと思いついたss。

佳奈多が美魚に本を一冊貰った。
これが新たな道に踏み出す一歩になることも知らずに・・・

まあ、意味不明ですけど良かったら見てくださいな。
「ふぅ・・・」
溜息を一つ。
そして目線を手にある一つの本に向ける。

ブックカバーが掛けられており、中が見えない状態で渡された。
・・・西園さんに。
「おすすめですので、ぜひ」
と言われ断れなかった私はしょうがなく受け取り今に至るわけである。

時間があるから見てもいいのだけどもなぜか嫌な予感がしてたまらない。
読んだら引き返れなさそうなそんな感じだ。
しかし、中身が気になる。
結局、好奇心に負けた私は廊下で窓側にもたれかかり読むことにした。
ぺら・・・パタン
開いて一ページ目で即閉じた。

「な、なんで直枝理樹と棗先輩なのよ・・・」
そう、書かれていたのは直枝理樹と棗先輩の絡みである。
それも濃厚な絡み。
閉じた本を再度開き私はしばらくの間見入ってしまった。

「・・・・・」
ぱたんと見終えたときには私はほわーとしていた。
なんかこの組み合わせいいかも・・・
などと思ってしまう。
普段ツッコミである直枝理樹を攻めにして棗先輩を弄る。
新鮮味があって面白かった。
途中危ないシーンがあったがそこもまじまじと見てしまった。

ぽわー
ここから佳奈多の妄想です。

『恭介。なんで僕以外の人と話してたのさ』
『そ、それはあっちから話し掛けてきたから』
『ふーん、恭介は僕の言うことが聞けないんだ』
『ち、違うって。俺は理樹のこと・・・』
『そんな言葉聞き飽きたよ。行動で示してもらいたいな。だからいつものやってよ』
『っ!?・・・ここでかっ!?』
『そうだよ。出来るよね?なんてったって僕の恭介だもんね』
『・・・・分かったよ。理樹の頼みだもんな』

「おいっ!二木!聞こえてるか?」
「二木さん。大丈夫?」
「はっ・・・」
声に我に返る。
どうやら妄想に浸っていたらしい。
私としたことが・・・

と目の前にはさきほどまで妄想をしていた二人。
私は二人を見ることが出来ない。
・・・だって恥ずかしいし。
「おい、二木。大丈夫か?」
「え、ええ。少し頭がぼーっとしただけよ」
なんとか顔を見ないで言葉を返す。
「顔赤いよ?熱でもある?」
直枝理樹がこちらを心配するように覗き込む。
「っ!・・・」
やぱいやばいやばいやばいやばいやばいやばい
こうして話かけられている間にも頭の中では脳内妄想は続いている。
もう、この二人とは話さないほうがいいと思い去ろうとする。
「待てって」
がしっと棗先輩に腕を掴まれる。
「な、なんですか?」
あくまで冷静に聞き返すも内心はハラハラである。
いつこれがばれるか分からないし分かられたくもない。
本を持っていること自体気づかない二人のほうがおかしいと思う。
「なぁ、さっきから気になってたんだがその手に持ってる本ってなんだ?」
やっぱり分かってたか。
といっても分からないほうがおかしいか。
「これは西園さんがくれたんです」
「へぇ、珍しいね。西園さんがただで本をあげるなんて・・・」
「たしかにな。俺も何回か借りたことはあるけど貰ったことはないからな」
二人が話している。
今は妄想は治まっているもののやはり理樹攻め恭介受けはいい!

「では、私は仕事があるのでこれで失礼します」
「ああ、またな」
「またね。二木さん」

二人と別れ、また本を見る。
やっぱりこの組み合わせいい!
などと思ってしまうのであった。


「ふふ、大成功です。これであの風紀委員長はあの直枝×棗にはまりましたね。さて、次は誰にしましょうか・・・」

体の胸あたりに何冊か同じ本を持って美魚は不敵に笑うのであった。








コメント

No title

お久しぶりです(^^)/
今回の、なかなか面白かったですw
真面目な風紀委員長が、隠れ趣味みたいの持ってると面白いですよねw
キリッとしてる顔の裏で色々妄想してそう…。

次回作も期待してます。またー。

No title

遂にリトバスをクリアしたのでようやく読むことができますっ!!!!

ゴメンナサイ、クオリティが高すぎますw 
それとも脳内で勝手に変換されているからかな?

ほんの少し調子に乗ってアドバイスさせてもらうと

ここから佳奈多の妄想です。

の一文が惜しい気がします。全部佳奈多視点の中でそこの一文だけ作者視点で浮いてしまっているような?
そこまで読んでるんだったらごめんなさいm(_ _)m

No title

おお、みおっちらしいネタだな実に!!変人ぞろいのリトルバスターズヒロインの中でも特にアブノーマルな嗜好の持ち主だからなあいつは。
んで、生真面目な佳奈多が奴の仕掛けた策にハマっていけない領域に向かうと。

まあ、主人公が国崎住人や相沢祐一みたいに可愛げのない捻くれ者だったらさすがのみおっちもその手のネタにはせんだろうなあ。
理樹は如何にも軟弱で受けになりやすそうな奴だからネタにしやすいわけか。

ふっ・・・。

No title

>むとさん
お、まじっすか?
そんなこと言ってもらえると嬉しいですよ。
佳奈多は多趣味(俺のssの中ではだが・・・
美魚に徐々に染められて行くんですよ、きっと・・・(ぇ


>aosanzさん
お疲れ様です。
と言うか記事自体は読んでいたので終わったことは気づいていたんですけどねw
クオリティ高い?俺は自分自身で低いと思っているのですが・・・でもそういっていただけると嬉しいですよね。

むっ・・・そこは思いついたまま書いちゃったんでそのまま文になっちゃったみたいなそんな感じっすね。
こりゃ俺のミスだ。
まずったまずったw
今度から気をつけようっと。アドバイスどもですw


>ハリー・キャラハンさん
あちしみおっち、お前げろ犬。(違
佳奈多はそのまま流されるがままに美魚の部屋に行き美魚秘蔵の本たちを見てさらに妄想してしまうのであった。見たいな?
祐一と北川は少し無理があるw
朋也と春原はまだいける。
アニメでもゲームでもやりとりはあったしね。
理樹は真人、謙吾、恭介と揃い踏みw
よーりどりみどりだよ。
でも俺の中では理樹は強気理樹です。
他の三人は受けです。(ぇ
さーて、次はどんなの書こうかな(笑)

No title

どもどもです、遅くなりましたが読ませてもらいました。
こっ、今回は……リトバスの中でも良識派の佳奈多がいけない世界へと足を踏み入れてしまったっ!?
でも、そんな佳奈多もいいですね。

普段まじめな分、一度妄想に走ったらどんな激しい世界を繰り広げるのか?
ちょっと気になりますね。

No title

>滄海さん
まじでこういう人は妄想に走るとどんな暴走をするのかわかんないですからね^^
どんな妄想かは誰も知らない・・・
きっと理樹と恭介が熱いと思うw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する