fc2ブログ

俺のミッション 前編

今日は珍しく教室で一人残っていた。
特には用はないが・・・

――カラカラカラッ

「ん?」
誰かが教室に入ってきたらしい。
そちらに視線を移すと小毬の姿があった。

「どうした?小毬」
俺は気さくに声をかけるも小毬は黙ったままだ。

「前座ってもいいかな?恭介さん」
「ああ、いいぜ」
前の席に座る小毬。
距離はおっそろしく近い。
お互いの吐息がかかるくらい。
小毬はいい匂いだなぁって変態じみたことを思ってしまうほど二人の距離は近い。
学校の机は微妙な長さなため、二人が向かい合うとその差は50cmもないだろう。
何度も言うようだがそれほど俺たちは近く向かい合っていた。
そして、小毬は顔を俯かせたままなにやらモジモジとしていた。

「どうした?相談なら乗るぜ」
俺の吐息がかかったのかびくりと体が反応している姿は可愛い。
元々小毬は可愛い分類に入るためそれなりにもてるはずだ。
しかし、それをリトルバスターズが止めているためそういう色沙汰なことはあまり聞かない。
・・・まあ俺が聞いてないだけでもう彼氏がいるかも知れないが・・・

「えっと・・・」
いじらしく言葉を溜め込む。
俺はその様子を黙って見ている。
目は見えないが、顔はほんのりと赤みを帯びている。

「・・・恭介さんって彼女いますか?」
「はっ?」
思わずきょとんとしてしまった。
それほど今の空気には合っていないほどの言葉だった。
そこまで溜めといてそれかよって心の中で突っ込んでしまった。
「?」
小毬は頭にハテナマークを浮かべこちらを不思議そうに見ている。
「ああ、質問だったな。ぶっちゃけ・・・いない」
「そっかぁ?・・・」
なにやら安心したなぁというような顔をする。
ちなみに言ってなかったが俺の膝と小毬の膝が何回も当たっている。
しかも小毬の故意的な攻撃だ。
やるなっ!小毬。
俺も負けじと膝を軽く小毬の膝にぶつけてやる。
こういうのは加減が大事なんだ。
「や・・・ん。恭介さん」
小毬の顔がさっきよりも赤くなっている。
なぜだろうか。
・・まあいいか。

「で、理由はなんだよ」
「ふぇ?」
何のこと?言わんばかりの声を出す。
ふぅと一回深い溜息をつく。
「なんで彼女いるとかって聞いたことだよ」
「あぁ?、それわね?」
ポンと手を叩き思い出したかのように話し出した。

「えっとね・・・今日、理樹くんに勇気を持って告白したの」
「おお、それで?」
「理樹くんは僕には大事な人がいるから・・・ごめんって断られたの」
「で、それがなんで俺の彼女問題に繋がるんだよ」
「それは・・・・ひみつだよ?」
またこつこつと膝を当ててくる小毬。
・・・・もしかして小毬は悲しんでいるのではないだろうか。
それを膝を当てるか誰かと喋るかで紛らわそうとしている?

「なあ、小毬」
「なんですか?恭介さん」
「俺と付き合わないか?」
「ええ????」
「そんな驚くことはないだろう?小毬は可愛いしな」
「そ、そんなこと・・」
「自分を謙遜すんなよ」
「あぅ??」
まあ俺としては面白半分で言ったつもりだったんだけどな。
まさかあんなことになるとは思わなかったぜ。

「・・・・いいですよ」
「ん?なにがだ」
「恭介さんの彼女ですよ」
「マジか?」
「まじだよ?」

とまあこうして小毬と付き合うことになっちまったんだが・・・
一つ問題があった。
それは小毬がおしゃべりもとい嘘が苦手と言うことだ。
小毬の性格上、ぽろっとしゃべってしまいそうで心配だった。
まあ別にいいけどな。
俺は立ち直り物事をポジティブに考えることにした。

しかし、小毬の意図が分からない。
どうして理樹と別れ俺と付き合うことを承諾したのか。
考えれば考えるほど迷宮入りしてくる。
考え込んでいると携帯が鳴る。

ディスプレイ画面を見ると小毬(告白のあと教えてもらった)からだった。
「どうした?」
『今からこっちの部屋に来てくれますか?』
どうやら真剣な話なのだろうか言葉遣いに切れがあった。
「ああ、分かった」
『じゃあ、外で待ってますよ?』
プツ・・・プープー・・・
電話が切れる。
俺は小毬に会うため女子寮へと向かう。

俺には小毬に一つ聞きたいことがあった。
ほんとに俺と付き合うことがあいつの本心なのか。
失恋に心を痛めていないのか。
いや、痛めているに違いない。
無理をしているのかも知れない。
実際目を見たら少し赤く腫れていたし、涙を流した後もあった。
俺はあいつにどういってやればいい。

理樹ならのらりくらりと小毬を慰めてハッピーエンドと終わらせることも出来るかも知れないが、俺はあいにく理樹ほど万能な慰め方は出来ない。
俺は俺なりに小毬に真実を聞きたいと思う。
あいつが今何を考え、何を悩んでいるのか。
今聞いてやれるのは俺だけだ。

そう、俺の戦い、もといミッションは今始まる。







あとがき
・・・・まあなんとなく前後編な作品にしてみました。
まあ出来はやはり微妙。
ボキャブラリーが少ないのはやっぱ厳しいね。
言葉を選ぶのが難しくて仕方がない。

と言いますか。
小毬株が最近上がって気がしますw
とか上がっているw
あのほんわかがなんか和んでいいね。
姉御(唯湖)や佳奈多も結構俺的に順位が高い。
これが俺の3強かな?
小毬・唯湖・佳奈多の三人。
その下に、葉留佳、クド、美魚・・・鈴みたいな。
のためリトバスエクスタシーは楽しみw
新しいキャラもなんかいいよねw
まあ買ってもパソ対応させなやれないけどね。
のため買うだけ買ってあとでパソを合わす感じな予定。
コメント

No title

ふむふむ、今回はコマリマックスと恭介の話か。

そう言えば、コマリマックスは発売前はメインヒロインっぽい扱いだったよな。キャラクター紹介でも一番最初だったし、初期のトップ画では一人目だって描かれていたし。
しかし、実際には鈴がメインヒロインだったみたいだが・・・。
そうそう、エクスタシーは俺も予約した。新たなヒロインが相当無茶な設定だ。天然ボケスナイパーってなんやねん。

>小毬・唯湖・佳奈多の三人。
その下に、葉留佳、クド、美魚・・・・鈴みたいな。
のためリトバスエクスタシーは楽しみw
新しいキャラもなんかいいよねw

・・・って、ささ子の存在はスルーかよ(汗)。まあ、この種のSSでは圧倒的に恋愛ネタが少なくお邪魔虫っぽい扱いしか受けてない不遇のキャラみたいだが。
なんにせよ、七月が楽しみだ。

おっと、SSの感想だが・・・失恋したコマリマックスの真意が気になるな実に。理樹の言う大切な人は十中八、九鈴だろうが・・・罪な男よのう。

果たして、恭介はコマリマックスを救えるのか?

No title

>ハリー・キャラハンさん
たしかにメインに見えたw
実際は鈴だったけど・・・

佐々美は素で忘れてました(笑)
まあ入れるとすると鈴と美魚の間くらい?だと思われます。

で、救われるかどうかは俺次第ですw
まあ書くの俺ですしw
でもハッピーエンドにはしますよw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する