fc2ブログ

最近小毬ちゃんの様子がおかしい。

落ち込んでいたのかと思うと次の日にはご機嫌だったりとか。
休みの日には絶対というほどおしゃれをしてどこかへと出かけていく。
そのすがたをあたしは見ることしか出来なかった。

ある日小毬ちゃんが毎日付けている日記を発見してしまった。
覗いてはいけないとは分かっているがなんて書いているのか気になって仕方がない。
今は休みの日だ。
小毬ちゃんは例のごとくどこかへと出かけている。

・・これはルームメイトとして見るだけだ。
好奇心には勝てないってやつだな。
ぺらりとページをめくる。
そこには可愛らしい文字で日記が書いてあった。
そこに書いてある名前にあたしは驚愕をしてしまう。


――明日は恭介さんとデート♪
水族館に行くって言ってたから今から楽しみ
早く明日にならないかなぁ?――

きょーすけ!?
小毬ちゃんの様子がおかしかったのはきょーすけのせいなのかっ!?
続きが気になる。
見てみよう・・・

――今日はとても楽しかったよ?。
でも明日からまた学校に行くのかと思うと残念になる。
それは恭介さんとあまり会えないから・・・
でもリトルバスターズの活動は楽しいからいいや。
明日も楽しい一日でありますように――

む・・・きょーすけめ。小毬ちゃんを手懐けるとはやるな・・・
ではないっ!
小毬ちゃんどうしてあたしじゃないんだっ。
あたしだって小毬ちゃんと水族館行きたいぞ。
次のページもあるな。
見てみるか・・・

――今日はリトルバスターズでかくれんぼをしたよ?。
恭介さんと同じチームだったから同じ場所に隠れて楽しいことしちゃった♪
ふふ、恭介さんって結構ウブなんだなぁって分かった日だった――

たしかにかくれんぼをしていたときあたしは違うチームだったな。
くっ・・・たしかあの日は来ヶ谷に手駒にされてされるがままにされていたな。
・・・やなこと思い出した。
次だ次っ!

――最近誰かにつけられている気がする。
私の歩幅に合わせて歩くものだから気になって仕方ない。
そのことを恭介さんにも相談しようっと・・・――

ん?これよくみたら今日の日付じゃないか。
ということは今きょーすけと小毬ちゃんは一緒に居ると言う事か。
・・・そんなことはさせんっ!
でもどこに行ったのか分からないから動こうにも動けんな。
誰かに相談をしてみるか。

「で、それで僕のところに来たと」
「そういうことだ」
理樹に相談をしたところ理樹にも分からないらしい。
「うーん、まず小毬さんと恭介が付き合っていたってこと自体が不思議かな?」
「たしかにな・・・」
そこが一番の疑問になっているところだ。

「直接聞いてみようか」
「それが一番早いか・・・」
結局本人に聞くということできょーすけの部屋に理樹と一緒に行く。

「恭介いる?」
理樹の言葉に反応して部屋内が騒がしくなる。
中で二つの声がする。
一人はきょーすけだろう。
もう一人はルームメイトか?
それにしては声が高すぎるし、女か?
・・・・もしかして。

返事を行く前にあつぃはドアノブに手をかけて部屋に入る。
「ちょ、ちょっと鈴!」
理樹の静止の声が聞こえたがあたしは歩みを止めなかった。

「あ・・・」
見られたと言わんばかりに情けない声を出すきょーすけ。
案の定中にいたのはきょーすけと小毬ちゃんだった。
しかも小毬ちゃんの服装は乱れていてパンツが丸見えだった。

「な、な、な・・・・」
「り、鈴!?これは・・だなぁ・・」
聞く耳もたんっ!
「変態兄貴っ!行こう、小毬ちゃん」
ぎゅっと小毬ちゃんの手を握る。
「・・・・」
しかし手は振り払われた。
「こ、小毬ちゃん?」
「ごめんね・・・鈴ちゃん・・・」
なんで謝られたのか分からない。

「私は鈴ちゃんのことも好き・・・だけど恭介さんのほうがもっと好き!」
「っ・・・」
一番聞きたくない言葉だった。
「だから・・・ごめんね。鈴ちゃん・・」
そう言う小毬ちゃんの目には涙が流れていた。
これじゃあたしがわるもんみたいじゃないか。
・・・・仕方ない。腹を括るか。

「きょーすけ」
「な、なんだよ」
変態と呼ばれたのがショックだったのか少し声のトーンが低い。
「小毬ちゃんを泣かせたら承知しないからなっ」
それが精一杯の言葉だった。

「ああ、分かった。もう絶対に泣かせたりしない」
「兄妹の約束だからな」
「ああ!」

踏ん切りがついたわけではない。
でも少しすっきりはした。

明日からも小毬ちゃんとはいい友達でいよう。


そして二人に幸あらんことを・・・・








あとがき
さっき思いついたので文にしてみました。

恭介×小毬の鈴視点の小説です。
出来は微妙・・・というかいつもどおりな出来です。

一日ニ更新でも気にしないw
まあ今週からまた夜勤というのもあるけどw

まあ思ったことでもコメしてくれるとありがたいっすねw


今リトバスのメンバーを順位付けすると・・・
1位佳奈多、2位唯湖、3位小毬、4位佐々美、5位葉留佳、6位クドと美魚、最後に鈴となっておりますw
しかし鈴はギャグでは使えるw
そして何気に佐々美の順位が高いw

・・まあリトバスEXプレイ後にこの順位がどう変貌するのか自分でも気になる。
これはキャラ+二次創作のあれで決めてるものですから原作は知りませんのでやったらこの順位はきっと変わるはずだw
スポンサーサイト



のびた戦記ACE EP3公開

題どおりエピソード3が出ました。

のびた戦記ACE EP3

舞台は魔界です。

EP1は幻獣界、EP2が物質界がメインです。

まあキャラが偏ってるし、EP2までにどれだけ皆のレベルを上げておくかも重要かと・・・・

俺はジャイアン、シン、マリオ、スタンなど偏っていたため今苦戦中ですw

シオンとかブルースとかクロノアとかは使っていないw

やっぱRPGの基本はレベル上げだよねw
とかいいつつこれはレベルが上がりにくい。

経験値も表示された数割る人数ですから(120手に入ったとして三人パーティだと一人40しかもらえない)
という設定w

まあいいんですけどねw

使えるキャラとしてはレイジ、シオン、MOMO、KOSMOS、ブルース、クロノア、ギルガメス、カイ、ワンダーモモ、ベラボーマン、モリガン、スタンなどなど色んなキャラいますがパーティは三人までですw
だから結構パーティを考えるのがめんどい。

で、オリジナルとして出てくるのが、のび太、ジャイアン、スネ夫、マリオ、仮面ライダー龍騎、カイ・キスク、ジル、シン、アレックス(RPGツクールなどのデフォルトキャラ)などまあごっちゃですねw

音楽はまあ色々w
クロノトリガー、スターオーシャン、ナムカプで出てきた作品の曲、ドラえもん、マリオRPG、FF7など結構あるw
音質は・・・まあしゃーないw
でも俺はありかな?

途中だからなんともいえませんがいい作品かと思われます。(俺的にはですが・・・)
暇があればどうぞw

鈴ささ 真の完結版

ダークですので読むさいはお気をつけを・・・
そして俺のミッションの鈴ささを見ておくとストーリーはたぶん分かると思います。















――ささみに捨てられた・・・

その事実があたしに圧し掛かる。

このぽっかりと空いてしまった胸の穴はもう元には戻せない。

次の日の朝、鏡を見るとすごい表情のあたしがいた。
目は泣き腫らしたように赤く腫れぼったくて、顔はやつれたように生気がないように見える。
「はぁ・・・」
あたしはどうしてもささみと過ごした短い時間を思い出してしまう。
そしてまた目から涙が出てくる。

学校は一応行く。
しかし授業には出ない。

ぼーっとどこかで時間を潰して部屋へと戻る。
ルームメイトはこちらをチラチラと見てくるので見返すと慌てて視線を避ける。
・・・まあ当然だろう。
今のあたしはそれほどまでにひどい有り様だったから・・・

その日、大声で泣いた後、きょーすけたちが来て説明を他の人たちから受けていた。
で、あたしを当然のように慰める。
・・・でもそれが今のあたしには気に食わなかったのだろう。
反発をしてあたしに構うなと言ってしまった。
でもきょーすけは、
「今は話したくないのなら話さなくてもいい。・・・でもな鈴。俺たちはいつでもお前の味方だからな」
そういって皆頷く。

それがさらにあたしに火をつけてしまった。
「うっさいっ!きょーすけや理樹たちにあたしの悲しみが分かってたまるかっ!」
だっと教室から出る。
ふと後ろを振り返る。
誰も追いかけてこない。

「はは・・・」
所詮あたしの存在なんてこれっぽっちなんだ。
そう理解した。


そして今に至る。
あたしは空き教室で一人寂しく佇んでいた。
もう、一週間はリトルバスターズの連中とは話していない。
今もどこかで楽しくやっているのだろう。

あたしなんてどうでもいいんだ・・・

「死のう」

ふらふらと屋上への階段を上っていく。
鍵がかかっていたが小毬ちゃんがやっていたとおりにやったら開いた。

風が出ていて少し肌寒さを感じる。
それも関係がなくなる。

・・・だって今からあたしはここから飛び降りるのだから。

フェンスをよじ登り上から下を見る。
結構高さがある。
・・・少し怖い。
でもあたしにもう居場所はない。

じゃあな、リトルバスターズ・・・
じゃあな、きょーすけ、理樹、真人、謙吾、小毬ちゃん、クド、来ヶ谷、みお・・・
そして、大好きだったささみ・・・

「さよなら」
一言だけ呟いてあたしは飛び降りる。

痛みはない。
即死だった。
これでいいんだ。
きっとこれで・・・・・







あとがき
なんか思いついたので書きました。
ささ鈴(鈴ささ)どっちでもいいが、これの完結みたいなやつです。
救われなくそのまま鈴が自殺というなんとも救われない終わりです。


次はもっと面白い話でも書こうかな?
こんなシリアスはあんま好きじゃないんで・・・
じゃあなんで書くのかと言われると書かないと自分が納得しないというね・・・
そんな感じに襲われるので書く。それだけです。