fc2ブログ

俺のミッション 番外編

――コンコン

控えめなノックがするな。
こんな時間に誰だ?

「いいぞ」
あたしは合図をするとガチャと見慣れた姿が目に入った。

「ささみっ!?」

そう、ざざぜがわささみとかいうあたしに付きまとうストーカーだ。
しかし、今日はやけに大人しい。
変なもんでも食ったのか?

「あの・・・その・・・」
手をモジモジさせながら話そうとする。
とりあえず入り口前じゃ話せるもんも話せないと思いあたしは気を利かせる。

「とりあえず入ったらどうだ?」
「え?」
きょとんとした顔をしたがやがてゆっくりとした足並みで中へと入っていく。

これが後悔することになるとは思っても見なかった・・・

「で、なんか用か?」
「・・・・棗さんは好きな人いますの?」
くちゃくちゃ意味が分からん。
「とりあえず・・・いない」
「そうですの・・・・」
やはりささみの様子が可笑しい。

いつもより目の焦点が合っていないのかポーッとしているようにしか見えん。
やがてまたささみは話し出す。
「私は好きな人がいるんですの」
「そうか・・・それは良かったな」
どうでもいい話だ。
あたしには関係がない。

「その人は鈍感でどうしようもないんですの。なにかいい案はありません?」
「ない」
きっぱりと言う。
ささみは目をウルウルとさせてこちらを見てくる。
なんで捨てられた猫みたいな顔をするんだっ。
「ない・・・こともない」
あたしは仕方なく言い直す。
「女は度胸が大事だと馬鹿兄貴が言っていた。勇気を振り絞ればいつか道は開かれると」
「そうですか」
ささみが納得した言う表情をする。
「あとは、超鈍感な奴にはちゅ―をしろと言っていたな」
あくまでたしかだが・・・

「それで好きな奴の好きなところを言いまくれとも言っていた」
「・・・・」
ささみは下を向いてなにやら考えているようだ。
これで少しは役に立てただろうか。

不意にささみがあたしの肩を掴む。
「どうした?そんな感動したのか?」
ささみは顔を赤く染め、あたしの顔へと顔を近づけていき、唇と唇がぶつかった。

「んー!」
何をされたのか分からなかった。
ささみとちゅーしているのか?
そんな思考が薄れてくるほぼ息が出来なってきた。
しかもささみは舌と舌と絡まそうとしてくる。
なんかやな気分になってきた。
しかしやめる様子はないらしい。

いいかげん息が持たない気がする。
とささみが不意に口を離す。

「あなたのことが好き。・・・言葉じゃ言い表せないほどに」
なんか今何も考えれないほど、頭がぽーっとしている。
ささみは喋ることをやめず、
「あなたの髪が好き。あなたの肌が好き。あなたの瞳が好き。あなたの手が好き。あなたの脚が好き。あなたの唇が好き。あなたの首が好き。・・・・そしてあなたの全てが愛らしい」
そのまま二人の距離が近づいていく。

二人の唾液がとろーっと言う感じで長い唾のような感じで二人を結んでいる。
ささみはうっとりした感じになっているが、
あたしはファーストキスを奪われたショックが大きかった。
くちゃくちゃショックになってきたのか目から涙が出てきた。

「あら?棗さん。泣かなくても大丈夫よ。私が今日あなたを快楽に溺れさせてあげますわ」
「な、何を言ってるんだ?」
「さあ、私に全てを委ねて・・・」

「ふ、ふにゃ???っ!!」


今日ささみに純情を取られた。
でもやっている途中は気持ちよかったと思う・・・・・ってなんでこんなことを書かなきゃいけないんじゃぼけーっ!


終われ









あとがき
番外編鈴×佐々美の小説ですw
まあこれもmさんのサイトのをもとに制作させてもらいました。(シチュは違うが・・・)
言葉とか大半一緒になっているのでないかと思われます。

話は短いですけどね。
そして自重しろw

今日も夜勤。
今ほんと眠い。
寝たのに眠い。

リンク歓迎!誰か組みません?
・・・・ではこれから仕事の準備をするんでさらばですw
スポンサーサイト